スポンサードリンク

下腹部の鍛え方・・・お腹周りをスリムに鍛える

下腹部のぽっこりしたお腹は、男女問わず悩みのタネではないでしょうか。

鍛えようと思っても、なかなか上手くできず失敗に終わってしまい、お腹のダイエットを諦めてしまうケースも少なくありませんが、それは鍛え方が合っていない場合があります。

お腹を引き締めたいから「腹筋を頑張ればいい」と、闇雲に腹筋運動を繰り返すのでは、お腹全体は引き締まってきますが、下腹部はどうでしょう?

やはり、しっかりとポイントを抑えた腹筋で、下腹部を中心に鍛えなければ、下腹のぽっこりには効果が出にくいのです。

腹筋運動でもいろいろな鍛え方があるので、下腹部を鍛えられる腹筋の仕方の説明します。

下腹部の鍛え方(腹筋)例
@足を揃えて床に下ろし、へそが見える程度に頭を起します
A足首を返してお尻が床から少し離れるまで足を上げます
 (反動をつけずに下腹部を意識して足を上げる)
B足を床につくギリギリまで徐々に下ろしてください

いきなりキツイ腹筋運動をしても継続しなくては意味がありませんので、足を上げる角度は無理のナイ程度からはじめ、最終的には直角に上がるくらいまで続けてください。

そして、常に下腹部を意識して行うことで、ぽっこりとしたお腹に効果的な腹筋ができます。

下腹部の鍛え方をしっかり考えて、お腹をスリムにダイエットしてください。


スポンサードリンク
お腹ダイエット情報!ぽっこりお腹を解消TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。