スポンサードリンク

お腹ダイエット!ぽっこりお腹解消

お腹ダイエット!ぽっこりお腹解消では、お腹のダイエット中心にダイエット情報・口コミ情報・ダイエット体験記をはじめ、ダイエットに効果のあるサプリメントやプロテインなどの情報を調べてみます。
お腹のダイエットと言っても、いろいろな方法があります。ダイエット体操・ヨガ・呼吸法なんてのもあったりします。男性の方は、むかしはスリムな体型だったのに、中年になるとお腹が出てきて体型が崩れていたり、女性はスリムなんだけどお腹だけがぽっこりしてたり…
男女問わずお腹のダイエットは大切な問題ですよね。一番簡単な誰でも思いつくお腹のダイエットといえば…腹筋でしょうか?ただ腹筋とかはなかなか続けることはできないのが現状だと思います。
やっぱり楽して簡単にお腹のお肉を無くしたいです。そんな簡単なダイエット方法は無いかいろんな情報・口コミ情報・体験談を探してみたいと思います。
ぽっこりお腹を解消して、スリムなお腹を目指しましょう。

痩せる薬でダイエット?

痩せる薬で簡単に確実にダイエットに成功! なんて薬をネットの通販で販売していた会社が摘発されています。

実際に病院で処方される薬で、痩せる効果のある薬もあるようですが、実際に販売されている薬やサプリメントは、「痩せる」のではなく、食欲をコントロールしてカロリー摂取を抑えたり、摂取したカロリーや栄養を吸収しにくくしたりといった薬でしょう。

普通は運動したり食事を見直したりするのですが、その労力を惜しみに頼るというダイエット方法なので、あまりオススメできるものではないと思います(個人的意見)。

に頼っていては、たとえ体重を落とす事に成功しても、お肉や皮膚がたるんでしまったままであったり、薬を止めたとたんにリバウンドに襲われたりします。

やはりダイエットは健康的に運動をして、余分な脂肪を徐々に落としていくことが、リバウンドの少ないキレイなダイエットだと思います。

摂取カロリーのコントロールと適度な運動で、ぽっこりしたお腹の脂肪を落とし、スリムな体型を手に入れましょう。


ドライフルーツは太らないのは本当?

ドライフルーツを食べても太らないという話をよく耳にしますが、本当に太らないのでしょうか?

ドライフルーツの種類にもよるかもしれませんが、基本的には果物を乾燥させただけなので、フルーツの持っているカローリーが減ることはありません。

したがって、普通の状態のフルーツと同量のドライフルーツを食べれば、摂取カロリーは同じなので「ドライフルーツだから太らない」という事はありません。

しかし果物を「ドライフルーツ」にして食べるようにする事でよいところもあります。それは「硬さ」と「水分」による影響なんです。

ドライフルーツにすることで、果物の水分は無くなりって少し硬さが出ます。通常のフルーツと同量のドライフルーツで比べれば、体内に入る水分量は減りますし、硬さが出る事でよく噛むようになり、少量でも満足感を得られるようになります。

「ドライフルーツ」で太らないという話は、食べ方が変わる事で言えば本当です。

同じ食物を摂るのでも、その方法を変える事でお腹のダイエットに効果を出せる方法はたくさんあります。

ぽっこりお腹のダイエットは、そうした日常の少しした工夫だけで効果が出るので、日ごろから意識していく事が大切です。


太らない食べ方でお腹のダイエット

太らない食べ方に変えるだけで、簡単にダイエット効果を期待できる方法があります。

以前も記事に書いたのですが、最近話題になっている「食べる順番ダイエット」という方法で、今までと同じ食生活をおくっていても太らない食べ方をするだけでダイエットできるのです。

その太らない食べ方とは@食物繊維(野菜サラダ・野菜の煮物・野菜のたき物など)
Aたんぱく質(肉類や魚類)
B炭水化物(パン・ご飯・めん類など)

この順番に気をつけて食べるようにするだけで、健康的にダイエットできるとしたら、「食べる順番ダイエット」を試してみる価値は充分あるのではないでしょうか?

なぜ、これだけでダイエット効果が出るのかというと、 食物繊維が多い野菜料理から食べることで、炭水化物や脂肪をゆっくりと消化・吸収することができ、血糖値が急激に上がることを抑えてくれるのだそうです。

血糖値が徐々に上がることで、脂肪の蓄積を手助けするインスリンの分泌がおよそ3分の2に抑えられ、満腹感も得やすく消化の効率が得やすくなります。

同じ量を食べていても、順番を変えるだけで太りにくくなり、食物繊維から食べることによって、太る原因といわれる炭水化物を食べるときには満腹感も出ていて、食事の摂取量も減ってくるでしょう。

太らない食べ方を意識するだけで効果的にできるダイエット、この「食べる順番ダイエット」はおすすめのダイエット方法です。ぽっこりしたお腹が気になる方は、まずはこの太らない食べ方から始めてみると良いのではないでしょうか。


冷水ダイエットでお腹のダイエット

冷水ダイエットでぽっこりしたお腹のダイエットに挑戦してみましょう。

この冷水ダイエットはお風呂で出来て、今日からすぐに始めることの出来る簡単なダイエット方法です。

まず、この冷水ダイエットの方法
@浴槽に少し熱めのお湯に5分程度浸かります(42〜45℃程度)
A浴槽を出て手足など心臓から遠い順に冷水をかけていきます
B再度お湯に1分程浸かります

これを1セットとして、あとはAとBを3回〜5回程度繰り返していきます。

この冷水ダイエットの方法は、脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞の働きを活発にすることで、新陳代謝を活発に行いダイエット効果を狙う方法です。

しかし、この冷水ダイエットを行うときは注意しなくてはなりません。温水と冷水を交互に使うのは「心臓や肺など」にかなり大きな負担がかかるのです。それ以外にも血行も変わる場合があるので、心臓や肺に疾患があったり、体調が悪いときは絶対にやってはいけないダイエット方法です。

お腹周りのダイエットを成功させたい気持ちも大切ですが、健康を害してしまっては意味がありませんし、心臓や肺は命にかかわる場合もあります。

ダイエットは自分の体のことをよく考えて行ってください。


下腹のぽっこりをダイエットで引き締める方法

下腹のぽっこりをダイエトで引き締めたいのであれば、食事でのダイエットだけでは難しいかもしれません。

下腹がぽっこりと出てしまうのは、体重の増加に伴い余分な脂肪がお腹に付いてしまうこともあるのですが、ダイエットに成功しても下腹部だけはぽっこりしたままだったり、体重は標準の体形の方でも下腹だけが出てしまったいる場合もあるのです。

それは、骨盤が開いてしまっていることや、下腹部の筋肉が弱く内臓を支えられなくなっていることがあります。

ポッコリとした下腹を引き締めたいのであれば、骨盤の矯正や正しい運動によって下腹の筋肉を鍛えていくとよいでしょう。

姿勢や骨盤のゆがみは、ストレッチや骨盤体操などが効果的ですし、最近では寝ているだけで骨盤の矯正が出来る方法も話題になっています。

腹筋運動でも、下腹の筋肉を鍛える腹筋と普通の腹筋では効果は違ってきますので、正しい方法で下腹のぽっこりを引き締めていきましょう。


お腹のダイエットは簡単?難しい?

お腹のダイエットを考えたとき、どうせなら楽に速攻で効果があるダイエット方法があればなぁ・・・なんて思います。

お腹のダイエットに効果のある方法も、調べているといろいろな情報があって迷ってしまいます。

腹筋や縄跳び、ウォーキングなどの運動でダイエットする方法や、いろいろなダイエット器具を使った方法、サプリメントや食事に関するダイエット方法などなど。

実際にダイエットで成功するためには、無理なく継続してダイエットに取り組むことが、もっとも重要な事ではないでしょうか?

簡単にダイエット効果を求めるのであれば、器具を使ったりサプリメントや食事制限で・・・と考えがちですが、しっかりと根本から痩せるためには、適度な運動をしながら食事の摂取カロリーを抑え、ダイエットをしていくのがおすすめです。

ぽっこりとした妊婦さんのような気になるお腹は、ダイエットでスッキリスリムに変身しちゃいましょう。


こんにゃくでダイエットに成功する方法

こんにゃくダイエットにとても適した食材です。
コンニャクを使ったダイエット食もいろいろな種類があり、置き換えダイエットに使っても飽きにくいです。
蒟蒻ダイエットのレシピもたくさんあり、ぽっこりお腹が気になりだしたら、ぜひ試してみましょう。

こんにゃくダイエットの方法は簡単で、食事のときに低カロリーな「こんにゃく」を食べることにより、炭水化物などの摂取を抑えてダイエットするのです。

「おからこんにゃく」でダイエット!
おからこんにゃくは、食感がお肉に似ているので、ヘルシーなダイエット食に変化を出せます。

「こんにゃく米」でダイエット!
こんにゃく米をご飯のように炊くだけで、炭水化物の摂取を抑えることができます。

「しらたき」でダイエット!
しらたきを麺類の替わりに使います。パスタ・うどん・そうめん・ラーメンなどの替わりにしらたきで。

ぜひ「こんにゃくダイエット」のレシピを考えて、おなかのダイエットに役立てましょう。

自転車ダイエットの方法と効果は…?

自転車ダイエット方法は、約15kmほどのスピードで30程度自転車に乗るだけと、手軽にダイエットに取り組める方法として人気があります。水泳やマラソン、そしてウォーキングなどと同じで、自転車に乗るだけでダイエットに効果的な有酸素運動ができるのです。
自転車ダイエット効果は、有酸素運動によって効果的に脂肪を燃焼させることが出来るのですが、あまりスピードを上げたり、息切れがするほど激しく自転車を漕いだりすると、無酸素状態になりダイエット効果は無くなりますので注意しましょう。
自転車漕ぎダイエットは、ヒップアップや足の引き締めの効果も期待できますが、膝への負担もかかります。無理をせず体調にあった方法でダイエットに臨み、お腹や足・下半身のダイエットを成功させていきましょう。ダイエット成功のコツは無理せず、焦らずに継続することです。

お腹集中ダイエットでおなかスッキリ

お腹集中ダイエットでおなかをスッキリ、ウエストをクッキリ引き締めましょう。まず、お腹を集中的にダイエットする為には、衰えた筋肉を鍛えることが効果的です。
お腹の筋肉は何もしていないと衰えていくばかりで、おなかの筋肉をあまり動かさないと、リンパの流れも悪くなり余分な水分が皮下組織にたまりやすくなり、むくみの原因にもなってしまいます。
おなかを集中的にダイエットしてクビレを作るには、お腹の筋肉の「腹斜筋」を鍛えるのが効果的なのですが、腹斜筋は日常生活ではあまり使うことの少ない筋肉です。
お腹のダイエットをするために、お腹の筋肉を鍛えることを常に考えてみましょう。腹筋やエクササイズはもちろんですが、日常生活でも腹式呼吸をするように心がけ、お腹に刺激を与えたり、歩くときも少し歩幅を広く歩くだけでもお腹のダイエットには効果的です。
あとは運動です。無酸素運動は運動後に脂肪分解スピードが上がり、脂肪が燃焼しやすくなっています。そこで運動中に脂肪を燃焼する有酸素運動を行うと脂肪燃焼効果があがるので、お腹集中ダイエットには無酸素運動と有酸素運動を効果的に取り入れるのも良いでしょう。
スポンサードリンク
お腹ダイエット情報!ぽっこりお腹を解消TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。