スポンサードリンク

お腹のダイエットは腹筋で?

お腹(下腹)のぽっこり出ているのに効果的なダイエットは、やはり腹筋でしょうか。お腹を引き締める筋肉がお休みしていると、お腹(下腹)が出やすくなります。
お腹を引き締める働きをしている筋肉は、腹横筋・下部腹直筋・大腰筋などがあるそうですが、日常生活で運動不足だったり、座ってばかりだとこれらの筋肉が弱ってしまいお腹が出やすくなってしまいます。
そして、姿勢も悪くなり下腹はますます目立つようになってしまいます。まずは、お腹の筋肉の動きを活発にしていきましょう。
そこで考えるのが、お腹のダイエットだから「腹筋」をしなきゃ〜ってことだと思うのですが、お腹の筋肉が衰えている状態での激しい腹筋運動は効果が出にくくなるそうです。
ダイエットでお腹をすっきりさせるのなら、始めから無理な運動や腹筋は避けて、効果的にダイエットに取り組みましょう。まずは、軽い運動・腹筋なども無理なく、下腹を意識して少しづつ体をならしてお腹のダイエットを始めると良いでしょう。

水泳でお腹のダイエットに挑戦

水泳でお腹のダイエットに挑戦してみましょう。水泳はウォーキングと同じ有酸素運動なので、脂肪を燃焼させるのに適した運動なのです。

水泳でダイエットをするよい処は、プールの水による浮力によって足腰に与える負担を少なく、有酸素運動で脂肪を燃焼させることと、水の抵抗によって水中を歩いているだけでもウォーキングするよりも多い運動量を得ることができるのです。

ただ、基本的に体の脂肪は全体的に落ちていくので、お腹を集中的にダイエットしたい方は、お腹に少し負担をかけながら腹筋を鍛えていくと、より効果的に水泳でダイエット効果を得られます。

どんなダイエットも継続することが大切なので、無理をしたり焦らずにダイエットしましょう。


フラフープでお腹周りが痩せるのか?

フラフープダイエットが今も流行っていますが、フラフープをするだけで本当にお腹周りのダイエットができるのか、疑問に思われる方もみえると思うので、フラフープのダイエット効果についてのお話です。

フラフープを回すことで、腹筋の下にある内腹筋が鍛えられ痩せやすい体質に変えることができます。この内腹筋を鍛えることで、ぽっこりしたお腹周りの引き締め効果もあり、お通じも良くなるといわれているのです。

また、フラフープは有酸素運動なので、体に付いている脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、ダイエットに適した運動といえるのです。

そして、このダイエット方法の良いところは、フラフープが出来る少しのスペースさえあれば、好きな時に好きなだけ有酸素運動ができるところです。ウォーキングしたくても家から出たくないときも自宅で簡単にできるのです。しかも、フラフープなので遊び感覚で続けることが出来るのがいいですね。

ダイエットは継続することが大切です。フラフープで楽しみながらぽっこりお腹のダイエットに励みましょう。


モムチャンダイエットの方法と効果は?

モムチャンダイエットは、韓国のカリスマ主婦「チョン・ダヨン」さんで話題になっている「ダイエット、エクササイズ」です。

ダイエットの方法は、ジムなどに通う必要はなく、自宅で簡単に始めることができるエクササイズです。

しかも、この「モンチャンダイエット」は、ただダイエットで痩せるのではなく、グラマラスな体形になるダイエットエクササイズなのです。

胸のエクササイズでは、バストアップに効果があり、たれた胸を上げ、広がった胸をよせて、グラマラスな体形に。

また、チョン・ダヨンさんは「フィギュアダンスダイエット」などの開発を行ったり、体重113kgの女性を50kg台に変身させる実績を上げるなど、パワフルに活躍している韓国のカリスマ主婦です。

お腹のダイエットや全身のダイエットをする時に「バストのサイズダウン」が気になる方は、チョン・ダヨンの「モンチャンダイエット」を試してみては。

モンチャンダイエットの方法は、DVDの画像に合わせてエクササイズをするだけです。

運動でダイエットするなら、効果的なエクササイズを行いましょう。

下腹部の鍛え方・・・お腹周りをスリムに鍛える

下腹部のぽっこりしたお腹は、男女問わず悩みのタネではないでしょうか。

鍛えようと思っても、なかなか上手くできず失敗に終わってしまい、お腹のダイエットを諦めてしまうケースも少なくありませんが、それは鍛え方が合っていない場合があります。

お腹を引き締めたいから「腹筋を頑張ればいい」と、闇雲に腹筋運動を繰り返すのでは、お腹全体は引き締まってきますが、下腹部はどうでしょう?

やはり、しっかりとポイントを抑えた腹筋で、下腹部を中心に鍛えなければ、下腹のぽっこりには効果が出にくいのです。

腹筋運動でもいろいろな鍛え方があるので、下腹部を鍛えられる腹筋の仕方の説明します。

下腹部の鍛え方(腹筋)例
@足を揃えて床に下ろし、へそが見える程度に頭を起します
A足首を返してお尻が床から少し離れるまで足を上げます
 (反動をつけずに下腹部を意識して足を上げる)
B足を床につくギリギリまで徐々に下ろしてください

いきなりキツイ腹筋運動をしても継続しなくては意味がありませんので、足を上げる角度は無理のナイ程度からはじめ、最終的には直角に上がるくらいまで続けてください。

そして、常に下腹部を意識して行うことで、ぽっこりとしたお腹に効果的な腹筋ができます。

下腹部の鍛え方をしっかり考えて、お腹をスリムにダイエットしてください。


腕組みダイエットはお腹のダイエットに効果的

腕組みダイエットは「おもいっきりテレビ」で紹介されて話題になったダイエット方法で、実際に芸能人のしずちゃんや藤田弓子さんがお腹周りのダイエットに効果があった方法です。

この腕組みダイエットは、腕を後ろで組む事と効果的なストレッチを合わせることで、お腹周りから体全体にシェイプアップを狙えるダイエット法なのです。

腕組みダイエットは小倉義人さんが考案したダイエット法で、小倉義人さんは「1日1分でやせる!くびれる!腕組みダイエット」や「オグラ式ボディコントロール・腕組みでキレイになる」で有名な方なんです。


簡単に「腕組みダイエット」のやり方を説明すると、
@腕を体の後ろで組みます(自然に腕組み)
A@で自然に組んだ腕を上下反対にして組みなおします
BAの状態で上半身をゆっくり左右に動かし、10秒ずつ同じ姿勢で止めます
C次は上半身を固定してお腹周りを左右に動かします

このダイエットのやり方を毎日1分間くらい行うだけで腕組みダイエットはオッケーなんです。簡単で誰にでもできるダイエットダイエット方法です。

お腹周りのダイエットを効果的に行うのであれば、置き換えダイエットなどと合わせてこの「腕組みダイエット」を行うと良いのではないでしょうか。


お腹を引っ込めたいときのダイエット運動

お腹を引っ込めたいときのダイエット運動は、やはり腹筋を鍛えることは効果があります。

太ってはいなくても、力を抜いた一番楽な状態だとお腹がポッコリと出てしまう時は腹筋を鍛えてみてはどうでしょう。運動で綺麗に痩せればあばらは浮かない、整った体形にしていくことができます。

ただ、腹筋だけを鍛えるよりも、背筋もセットにして運動したほうが、より綺麗な体形になりやすいので、腹筋と同時に背筋も鍛えるように心がけてください。

普通に腹筋をするよりも、補正下着やサポーターなどでお腹を締め付けながら鍛えれば、より効果はでやすくなるでしょう。

また、運動は急に激しく行ったり、無理をしては逆効果になり体調を崩す場合がありますので、徐々に運動し継続することが大切です。

継続した運動でぽっこりとしたお腹を引っ込め、キレイな体形を維持しましょう。




簡単にお腹のダイエットをするには

簡単にお腹のダイエットをしたいのであれば、インナーマッスルを鍛えるてみてはいかがでしょうか。

インナーマッスルは関節をしっかりと固定する役目があって、基本的にアウターマッスルと呼ばれる筋肉と対になっていて、その深層部にあるので通常の運動ではなかなか鍛えにくいのですが、このインナーマッスルを鍛えることでバランスのとれたきれいなボディラインをつくることができます。

しかし、インナーマッスルを鍛える方法は、まだまだ確立されていない部分が多いのですが、ストレッチやヨガなどの基本運動をすることで、筋肉の柔軟性を高めインナーマッスルを鍛えることにつながるといわれています。

難しい運動方法ではなく、簡単にできる運動・・・ウォーキングやストレッチなどをすることで、インナーマッスルを鍛えて骨盤を正常な位置にすることで、ポッコリしたお腹のダイエットにも効果が望めます。

お腹周りに効果のある運動を中心に取り入れて、お腹のダイエットに役立ててみましょう。


有酸素運動でダイエット効果を狙う

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなど、十分な酸素を取り入れながら行う運動のことです。

なぜ、有酸素運動がダイエットに効果があるのかと言うと、有酸素運動には体の中の脂肪を燃焼する効果があるからです。

また、有酸素運動でダイエットを成功させるコツは、ジョギングでもウォーキングでも20分〜30分継続して行うことです。

ぽっこり出てきたお腹を、効果的にダイエットしたいなら「置き換えダイエット」や「炭水化物ダイエット」などの食事を考える方法と合わせて、有酸素運動を行うとよりいっそう効果的なダイエット方法になります。

毎日、有酸素運動を続けることにより、体脂肪が減っていきダイエット効果のほかにも、生活習慣病の予防にもなります。

なわとびダイエットの方法と効果

なわとびダイエットの方法は、1日20〜30分程度のなわとびを毎日継続的に続けることによってダイエットをする方法です。
縄跳びと言っても結構ハードなので、数回に分けて行うと良いのですが、なわとび自体は単調になりがちなので、 2重跳びや交差跳びなどいろいろな跳び方をおこなったり、音楽を聴きながら跳ぶのもよいでしょう。
また、縄跳びは足や腰に負担がかかるので、準備運動も忘れずに行ってください。
縄跳びダイエットの効果は、短時間で多くの運動量をこなせる事で、健康的にカロリーを消費することでダイエット効果があることと、足や腰の運動を行うことで下半身を引き締める効果も期待できます。

なわとびダイエットで効果を出すコツは、毎日継続しておこなうことです。
スポンサードリンク
お腹ダイエット情報!ぽっこりお腹を解消TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。