スポンサードリンク

ダイエットで失敗しない為には…

ダイエットで痩せる為には、「失敗しない」もしくは「失敗しにくい」方法でダイエットしなければいけないですよね。

ダイエットに成功して痩せた方の意見はとっても参考になりますが、同じ方法でダイエットしても自分も成功するとは限りませんよね?

ちゃんと痩せる事ができた方は、そのダイエット方法が自分にあっていたのでしょうし、その方法をちゃんと継続する事ができた結果、痩せる事が出来たに過ぎません。

では、どのようなダイエット方法であれば「失敗しない」かを、ちゃんと調べて自分でも継続する事が出来るかを知る必要があると思いませんか?

ダイエットのレビューサイトには「成功談」もありますが、よく読んでいると「失敗談」も結構書かれています。

その失敗談の中に自分が共感を持てるダイエット方法であれば、そのダイエット方法を初めても失敗してしまう確立はとっても高くなると思います。

失敗のレビューを読んで「えっ?自分とは違う」くらいに思えたのであれば、貴女はそのダイエット方法を継続できる可能性は高く、結果的に痩せられる近道なのではないでしょうか。

早く痩せたいのであればそうした失敗談を参考に、自分なら失敗しないダイエット方法を見つけることがカギです。ぽっこりお腹をスリムにするためにも、頑張ってダイエットを成功させましょう。


耳ツボでダイエット効果

耳ツボダイエットというダイエット方法があるのですが、この方法も簡単で耳のツボを刺激するだけで、ダイエット効果を期待できるというのですが、一般的にあまり知られていないようですね。

耳ツボダイエットとは、耳のツボを刺激することで中枢神経を正常に戻し、満腹中枢などを正しく働かせてダイエットに役立てるのですが、簡単に出来るダイエットとしては上位にくるやり方なのです。

人間の耳にはたくさんのツボがあり、特に内臓系のツボはすべて耳にあるのだと言われ、中国ではこのダイエット方法は紀元前から行われている方法なのです。

いままで色々なダイエット方法を試したけど、なかなか効果が得られなかった方は、そのダイエット方法が自分に合っていなかったか、厳しい制約にストレスを受けてしまい、ダイエットを継続できなかったのが原因ではないですか?

もしそうなのであれば、簡単に自宅で出来る「耳ツボダイエット」を試してみてください。

お腹や太股の脂肪が気になる方にもオススメのダイエット方法です。


お腹の贅肉をダイエットで落とすには

お腹の贅肉ダイエットで落とすには、まず過去を振り返る事から始めてみてはいかがでしょうか。

例えば、常に猫背で歩いていたり、座っていても椅子の背もたれにもたれかかって、だら〜っとした楽な姿勢ばかりしていると、お腹の筋力もだんだんと衰えてしまい、骨盤も正常な位置でキープできなくなり、結果的にお腹がぽっこり出てしまうことになります。

お腹周りの筋肉が衰えてしまうと、脂肪になってしまう事も怖いのですが、それ以外にも骨盤を正常な位置で保てなくなり、挙句にお腹周りに余分な贅肉が付きやすくなってしまうのです。

そうなると、いくらお腹周りのダイエットを頑張っても、効果的に贅肉を落とすことが難しくなってしまいます。

まずは、正しい姿勢で生活するように心がけ、骨盤を正常な位置へ保つように、ストレッチや骨盤体操を始めながらダイエットを始めると、お腹周りの贅肉を効果的に落としてくことができるでしょう。

ダイエットは毎日の継続が1番の近道になります。



お腹のたるみに効果的なダイエット

お腹のたるみは、女性ばかりではなく男性にとっても悩みの深い問題です。

体型からくるお腹のたるみもありますが、年齢とともに少しづつたるんできてしまう場合もありますよね。

特に中年と呼ばれる年齢にさしかかると、お腹だけでなくお尻などのお肉もたるみ始めて、とっても気になるようになってきます。

しかし、そのぽっこりお腹は急に出てきたわけではないですよね?徐々にぽっこりしてきて、気が付いたらお腹が摘めるほどに…

そうなのです。お腹は毎日の生活習慣などによってたるんでしまう場合が多いのです。

お腹のたるみを防ぐのに、1番効果的なダイエットは、その生活習慣や毎日の食生活を見直す事ではないでしょうか。

それらを改善するだけでも、お腹のたるみにはきっと効果は出ます。


産後のお腹ダイエット

妊娠…そして出産と、産後の女性の体には実に見えない大きなダメージを受けているのです。体内のカルシウムは著しく減少していますし、その他も妊娠前の状態とは違っているのです。

しかし、産後のぽっこりしたお腹も気になるので、ダイエットを始めなければ…と、思う女性も多いのではないでしょうか。

まず、産後は授乳もある大切な時期なので、無理なダイエットは控えておく方がよいでしょう。特に食事の量を減らしたり、サプリメント等を服用するようなダイエット方法は、必ず医師に相談して行ってください。

どうしてもお腹まわりが気になり、ダイエットを始めたいのであれば、開いてしまった骨盤を閉めていく「骨盤ダイエット」などがありますが、こちらも検診時などにお医者さんに相談してから始めてください。

産後の大切な時期なので、ダイエットで痩せる事を考えるよりも、十分な栄養を取りながら摂取カロリーを抑えて、「痩せるよりも太らない」事に重点を置き、体力の回復を優先させるようにしましょう。

そして、体力が十分回復したら腹筋運動やウォーキングなど、軽めの有酸素運動からダイエットを始め、産後のぽっこりしたお腹を妊娠前のスリムなお腹にもどしましょう。




産後のお腹ダイエット方法と効果

産後のお腹…ぽっこりとしていませんか?産後のお腹は、妊娠中に大きくなってしまったお腹のままで、なかなか妊娠前のスッキリしたお腹にもどりません。出産後のダイエットで効果的にお腹をスリムな妊娠前の状態にもどしましょう。

まず、なぜ産後のダイエットが重要なのかという事ですが、妊娠中に増えた体重を落とすことも大切なんですが、もっと大切な事は出産で開いている骨盤にあるんです。

骨盤が開いたままの状態だと、その付近に脂肪などが付いてしまい、その結果太ってしまうことがあるのです。からだを産後の太りやすい状態のままにしていては太って当然という事ですね。

産後のダイエットでぽっこりしたお腹を治したいのであれば、まずは体を元の状態にすることから始めるとよいでしょう。

その為には開いてしまった骨盤を矯正し、もとの状態にしていくことで、妊娠前の体形に近づけていきます。

開いた骨盤を矯正するためには「骨盤体操」や「骨盤ベルト」など、いろいろな方法がありますので、自分の体や生活に合った方法で骨盤の矯正をしてみましょう。

また、骨盤ダイエットにも当然個人差がありますので、いろいろな方法を試して自分にあったダイエット方法を探し当てることが、お腹のダイエットの近道になります。


お腹のお肉をダイエットで取る方法

お腹周りのお肉はなかなか取れないですよね。そんなお腹のお肉に効果のあるダイエットはどんな方法があるでしょうか。

ダイエットは健康的に無理なく行うのが基本なので、無理な食事制限をしたり急激な運動をしても結果的には失敗してしまうケースがほとんどです。

お腹のお肉をダイエットで効果的に取っていくのであれば、やはりカロリーコントロールと適度な運動を心がけるとよいでしょう。

毎日の食事での摂取カロリーを見直し、しっかりと栄養を取りながらカロリーを抑えた食事に切り替えます。

食事を抜いたり食事の量を減らしても、お腹のダイエットが成功する前に体調を崩してしまいますので、しっかりと計算したカロリー摂取をするだけで計算上ではお腹のお肉を減らす事はできます。

1日に必要なカロリーはしっかりと取りながら、摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにするだけでダイエットになるのです。

そして、お腹のお肉に効果的な運動をプラスして行うようにしましょう。

お腹のお肉(脂肪)を燃焼させるには、有酸素運動が効果的なので激しい運動をしなくても、ウォーキングやスイミングなどを毎日継続して行います。

ダイエットの成功の秘訣は無理なく継続することが一番の近道だと思います。


ぽっこりお腹のダイエット方法

ぽっこりお腹のダイエットは、筋トレと有酸素運動を継続して行う方法がよいでしょう。

上半身(腹・背中)の筋トレをしつつ、有酸素運動をする事でぽっこりお腹の余分な脂肪を落とし、引き締まったお腹にすることができます。

まずは有酸素運動ですが、ウォーキングや水泳・水中ウォーキングやランニングなど、実際にやってみて「少しきつい」と感じる程度の運動量を継続して行います。

急な運動や無理をして激しい運動をするのではなく、自分の体に合った運動量を継続していくことが、ダイエットの効果を出すためにはより近道になります。

また、ぽっこりお腹を気にするあまり、腹筋運動をしているだけでは、お腹の脂肪は落ちにくいですし、姿勢も悪くしてしまう事もあります。筋トレは腹筋と同じくらい背筋も行って、バランスの取れた体形を目指しましょう。

そして大切なのはやはり食事内容ですね。筋トレや有酸素運動を継続していても、摂取カロリーが多ければぽっこりしたお腹は治りません。

バランスの取れた食生活をし、余分なカロリーの摂取を控えてダイエットに挑みます。

ぽっこりお腹のダイエット方法は簡単なことです。あとは継続しないと意味が無いので、無理のないダイエット方法を選びましょう。

お腹のダイエットに即効果!

お腹のダイエットを考えたとき、誰でも即効で効果が出るダイエット法を探すと思いますよね?

しかも手軽に出来て楽にお腹が痩せる方法・・・運動や体操などの体に負担をかけることが無く痩せれる方法。

実際にそんな方法があれば誰も苦労しませんし、世界中でダイエットが必要な人などひとりも居なくなるのでしょう。

確かに即効で効果の出るダイエット方法など、いろいろ話題になっている痩せ方はありますが、リバウンドしやすいダイエット方法だったり、健康を害する可能性のあるダイエット法だったりする事があります。

ダイエット効果を焦って誤ったダイエットを始めてしまうのは、体にも良くないですしダイエットに逆効果です。

お腹のダイエットは適度な運動を取り入れて、健康のこともしっかりと考えて無理なくバランスよく行う事がとても大切です。


お腹を引っ込めたいと思ったらコレ

お腹を引っ込めたいと思ったら、まず始めにやるべき事は・・・自分の体を良く見てみましょう。

その引っ込めたいお腹は、「お腹周りを含めた全体を引っ込めたい」のか「ぽっこりした下腹を引っ込めたい」のか。そのダイエットしたい部分によって選ぶダイエット方法が違ってきます。

お腹周りを含めた全体を引っ込めたい場合

お腹周り全体にお肉が付いている場合、それは脂肪なので摂取カロリーを抑えながら、有酸素運動などで体脂肪を落とす事から始めるのが良いでしょう。激しい運動などで筋肉を付けるのではなく、からだ全体に付いてしまった脂肪を落とすことで、お腹まわりの脂肪も落としていきます。

ぽっこりした下腹を引っ込めたい
下腹がぽっこり出てしまっていても、お腹以外は標準的な体形の場合は、食事制限をしたりするダイエットは必要ないでしょう。下腹だけが出てしまっているのは、姿勢が悪く骨盤が開いてしまっていたり、お腹の筋肉(下腹の筋肉)が弱く内臓を維持できなくて下がってしまい下腹がぽっこりしてしまっている事が考えられます。ストレッチや下腹の筋肉を鍛える運動で、骨盤を正常な位置に戻していくと効果的です。

ダイエットは自分の体に合った方法で、無理なく効果的に行いましょう。


スポンサードリンク
お腹ダイエット情報!ぽっこりお腹を解消TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。